株式会社ビビンコは、2018年9月7日に株主4名、取締役3名という体制で創業致しました。2017年に北九州市主催で行われたビジネスコンテスト「北九州でIoT(第1回)」に、当時、東京・中野で行っていたIoT・AIをテーマにした勉強会のメンバーで応募し、採択いただいたことが創業のきっかけであり、勉強会の中心メンバーがそのまま創業メンバーとなりました。本社は北九州市に置きましたが、活動拠点は首都圏のままという状態でのスタートとなりました。

創業から2年が経過し、代表取締役であり筆頭株主である私、井上研一が、その北九州市にUターンして活動拠点を移すことにしました。このタイミングに合わせ、経営体制の変更を決意しました。私以外の取締役は任期満了により退任、株式についてもそのすべてを私に集約致します。

この決意を支持してくれた創業メンバーの皆さんに厚く御礼を申し上げます。また、創業メンバー4名は、それぞれが自らの会社を経営しておりますので、その4社において今後も協力関係を維持・発展させていくことを確認しております。弊社がこれまで取り組んできたIoTハカリ・ソリューションについても、今後も協力して推進して参ります。
また、お取引先様におかれましては、経営体制の変更に伴うご迷惑が生じないよう、対応に努めて参りますので、ご了承いただければと存じます。

株式会社ビビンコは、これから第2創業に挑むという気概を持ち、現在お世話になっているお取引様に加えて、北九州・福岡エリアに密着した活動を展開して参ります。私自身、これまで東京を中心として、企業の情報システム開発、AI・IoT導入のご支援、さらに企業や地域の皆さんのIT成熟度を向上させる教育・研修といった活動を展開してきました。そうした経験によって蓄積してきた知見を、微力ながら生まれ故郷の再生・発展に活かしていきたいと考えております。また、この地で得た新たな経験を、北九州から全国に発信していくことにも取り組みます。

今後とも株式会社ビビンコに変わらぬご支援、ご愛顧をいただけますよう、切にお願い申し上げます。皆さんの期待に沿う成果を残せるよう、今後も奮闘して参ります。

2020年10月
株式会社ビビンコ
代表取締役 井上 研一