北九州デジタル化サポートセンターの登録専門家になりました

弊社代表の井上が、北九州デジタル化サポートセンターの登録専門家になりました。

北九州デジタル化サポートセンターは、テレワークやWebを利用した採用活動等、ITツールを取り入れた新しいビジネススタイルへの転換を図る北九州市内の事業者(中小企業及び個人事業者)様に対して、専門家を派遣し課題解決を支援するために設けられており、北九州デジタル化支援コンソーシアムが運営しています。

※北九州デジタル化支援コンソーシアムは、(公財)北九州産業学術推進機構(FAIS)、(株)インフォメックス、(株)タイズ、Houyou(株)、リンクソフトウエア(株)で構成されています。

北九州デジタル化サポートセンターにご相談された場合、最初に相談員による面談があり、その後で適した専門家の派遣が行われます。(事業者様のご負担はなく、4回までの専門家派遣が可能です。)

弊社では、北九州市からAI・IoTをはじめ、企業と社会のDXを推進する活動をしており、今回の専門家登録もその一環として考えております。

下記の北九州デジタル化サポートセンター相談窓口から、お問い合わせください。

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。