Ubuntu上のJupyterサーバーでRも動かす

こちらで紹介したGCP(Ubuntu 20.04 LTS)環境のJupyterサーバー上で、R言語も動かしたかったので、その方法。

ちなみに、Ubuntu 18.04 LTS環境上でも同様の方法で動作することを確認しました。

conda install r r-essentials

インストールにしばらくかかる。

conda install rstudio

ここまでインストールした後、Jupyterを再起動してNotebookを開くと、R言語のノートブックを新規で作成できるようになっている。ただ、コードを書いて実行してみると、カーネルエラーになってしまう。

apt install libxrender1

このパッケージをインストールすると、きちんと動作するようになる。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。

Ad