【Watson IoT Platform】Bluemix大勉強会に登壇しました

昨日、日本IBM箱崎事業所で行われたBluemixユーザーグループ主催Bluemix大勉強会に参加しました。
13時から19時半までの長丁場でしたが、300人を超す参加があり、登壇者も12人と熱気溢れる会でした。

私もWatson IoT Platformで登壇し、20分ほどお話しさせていただきました。

その後の懇親会でもIoT Platformに関するご質問をいただいたりして、IoTに対する関心の高さがうかがえました。

でも、やっぱり、みんなが興味あるのはWatson APIなのかなぁと。私もそういう本を書いたり、そういうお仕事をしていたりするし。Bluemixでよく使われているサービスもWatsonの各種APIが上位にいくつも入っているそうです。

こちらはBluemixユーザーグループの公式キャラクターとなった、ぶるみちゃん。

Watsonを含むBluemixのロードマップが聞けたり、最近仕事で使い始めているOpenWhiskの話があったり、随分便利になりそうなNode-REDの次期バージョンが見られたり・・・と、6時間半参加した甲斐は十二分にあったと思います。

ということで、今後もBluemix(とBluemixユーザーグループ)に注目していきたいと思います!

[itemlink post_id=”11622″]

Bluemixの入門書が出るそうです!’

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。