プライベートなサーバを1つ持っておきたい

私はVPSというものが流行りだした頃からなんだかんだとプライベートで契約しているサーバを1つ持っていて、遊んだり便利に使ったりしています。
現在はこちらのブログを運用するために6月頃から使い始めたAzure VMがそれにあたります。

このサーバは最初は自宅ネットワークに入るためのVPNサーバとして構築を始め、WordPressを置いたり、デスクトップ環境も作ってリモートデスクトップで使ったり・・・ということをしています。

昨日は、お仕事でサーバ構築と既存データの旧サーバからのコピーなどをやっていたのですが、これもお客様先で作業していて手元のMacBook Pro上でやってしまっては何時間かかるか分からず、家に帰れなくなってしまうので、Azure VM上のサーバにリモートデスクトップで入った後、その上でコピー作業を行いました。リモートデスクトップ上での作業なら、切断してもコピー作業は継続されるので、心置きなくMacBook Proを閉じて持って帰れるわけです。

なんだかんだで便利だよね・・・と。

そんなわけで8月2日からはWordPressを別のホスティングサービスに任せていたのですが、やっぱり手元のサーバに置くか・・・ということで、Azure VMに戻しました。

やっぱり、海外のホスティングサービスより、日本のサーバということで。日本語のコンテンツで、日本人ばかりが見ているのだから、日本のサーバに置くのが当たり前・・・。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。

Ad