これから書いていくこと

元日からこのブログを書き始めて6日が経過しました。いまのところ、毎日何かしらの記事を上げています。
Twitterで、「毎日書く」と宣言しました。少なくともこの1年は毎日書いていきたいと思います。
では、この1年間、何を書いていくのでしょうか?それについて、整理しておきます。今年から本格始動したArtisan Edgeは、3つの価値観を持っています。

cutting edge 先端のITを価値に変える。

motivation engineering これには2つの意味があります。
 楽しくエンジニアリングの仕事をしよう、という自分自身のマインドと、
 モチベーションそのものもエンジニアリングしよう、という実現したいビジョンです。

move your heart 心を動かすモノ作り、コト作りをしよう。

この3つの価値観から私が導き出したビジョンは、

「先端のITでモチベーティブなビジネス環境を創出する」

ということです。

artisan edge thinking(当ブログ)は、「Artisan Edgeの代表者である私」のブログという性格を持っています。ですから、これから書いていくことは、上記の価値観やビジョンを元にしたものにしていこうと思います。

より具体的には、直近の業務動向にも影響されてくるのですが・・・

SOS JobSchedulerに関する記事
 これはArtisan Edgeとしてプッシュしていきますので、当然書きます。

スマートデバイスソリューションに関する記事
 Androidタブレットでの業務が予定されていることもありますが、「先端のIT」、「ビジネス環境」というキーワードがビジョンに入っている以上、ここ数年では避けられないテーマでしょう。特にスマートデバイスを使うことで、ビジネス環境がどうモチベーティブになっていくかという側面に注目したいと思います。

モチベーティブな仕事環境やチームビルディングに関する記事
 「楽しく仕事をする」ということはとても大切なことだと思います。そのための仕事環境やチームビルディングに関する記事を書いていきます。

この3つのテーマを柱にして、あとはArtisan Edgeを運営していくにあたって個人事業主としての一面や、直近の業務で触れた技術情報、さらに今年はコミュニティ活動にも積極的に参加していきたいと思っているのでそのことなども挟んでいければと考えています。

あと、記事を書く時間ですが、基本的には朝の時間に書きたいと思っています。(これはいろいろ事情で変わるかもしれません。)

ということで、Artisan Edgeとともにartisan edge thinkingもよろしくお願いします。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。

Ad