SIMフリー iPhone 6s の実機レビュー(開封〜LTE接続編)

昨日、iPhone 6s / 6s plusが発売されました。
格安SIMでiPhone 6sを使う方法で宣言したとおり、銀座のApple StoreでSIMフリー版のiPhone 6s 64GB スペースグレイを購入して、BIC SIM(ビックカメラ版みおふぉん)で使い始めました。

購入はスムース

当日の購入は前もっての予約が必要だったこともあり、スムースに進みました。
Apple Storeに入って、iPhone 6sの予約をしていたのだけど・・・と伝えると、名前かメールアドレスを聞かれ、スタッフのiPhoneで検索。名前が出てくると、予約内容を確認されます。
その後、私はSIMフリー版だったので、銀座のApple Storeでは2階奥のコーナーに行くように説明されました。

SIMフリー版はそのままお持ち帰り可能

こちらの記事で書いたように、iPhone 5sのSIMフリー版を買ったときは、専用のアクティベーション用SIMで初期設定しないと、SIMロックがかかるという話があったのですが、今回はそういうことはないようです。

支払を終えると、セットアップしますか?と聞かれます。
いや、大丈夫ですと断ると、そのままパッケージを袋に詰めて渡されました。
念のため、このままSIM挿してもSIMロックになったりしないですよね?と聞くと、もちろん問題ありませんとのこと。

これなら、SIMフリーモデルも、Apple Store限定にせず、量販店で扱っても良いのではないか?と思いました。

開封の儀

IMG 0027

唯一、画面側のフレームが黒いスペースグレイをチョイス。

IMG 0028

開封!

IMG 0030

相変わらず、シンプルな内容ですね。

IMG 0031

SIMスロットを開けるためのピンと、最小限のマニュアル。
さらに、お馴染みのステッカー。

IMG 0032

SIMを装着します。

電源ON

IMG 0034

パスコードは6桁になっています。

IMG 0035

4桁に戻すこともできるんですね。

IMG 0036

「Androidからデータ移行」なんてメニューも。

みおふぉんでLTEに接続

IMG 0002

こちらのサイトから、構成プロファイルを導入します。

IMG 0006

導入完了。

IMG 0007

WiFi接続を切ってみると、LTE接続が始まったことが分かります。

iOSのバージョンアップ

IMG 0038

初期導入OSはiOS 9.0でした。さすがにiOS 9.0.1は間に合わなかった様子。
まずは、OSをバージョンアップします。

ということで、ひとまずセットアップ完了。
iPhone 6sのウリである3D TouchやLive Photosのレビューも後ほど!

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。

Ad