Retrieve and Rankの廃止などに関する、拙著「初めてのWatson」での対応について

拙著「初めてのWatson」を刊行した2016年10月以降、Watson APIには下記のような変更がありました。

  • AlchemyAPIの発展的廃止(2017年4月)
  • Tradeoff Analyticsの廃止(2017年5月)
  • Retrieve and Rankの廃止(2017年11月)
  • Document Conversionの廃止(2017年11月)
  • BluemixがIBM Cloudに名称変更(2017年11月)

一方、Natural Language Understanding(NLU)やDiscoveryのサービス開始もあり、「初めてのWatson」は、現状に合わない箇所が散見されるようになっています。特に、Retrieve and Rankについては作例でも取り上げるなど大きな影響が出ています。

こうした状況を鑑み、出版社であるリックテレコム社と検討の結果、一旦品切れという扱いをすることになりました。

まず、年内を目処に既存読者の皆さん向けにフォローアップ資料を公開する予定です。

クリックして1052_kinkyu.pdfにアクセス

さらに、改訂版の出版も検討しておりますので、いましばらくお待ちいただければと思います。(頑張ります・・・。)

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。