ターミナルで使うフォントを選ぶ

プログラミングやサーバ構築の仕事をしていると、ターミナルを使うことが多いです。ターミナル、macOSをコマンドラインで操作したり、SSHで他のサーバにログインしたり・・・と、まぁ、毎日使っているわけです。

今まで、Macを使っている場合は標準のターミナルアプリを使い、プロファイルを以下のようにして、それを標準として使っていました。

  1. 標準で搭載している「Pro」というプロファイルをコピーし「My Default」というプロファイル名を付けて、デフォルトに設定する
  2. フォントは、SF Mono Regular 11ptにする
  3. ウィンドウのサイズを100列、40行にする

基本的に色とウィンドウのサイズにこだわるくらいで、フォントはProプロファイルのデフォルトだと小さいから・・・と、ちょっと変えた程度でした。

ただ、もうちょっとフォントにもこだわろうかな・・・と思って、いまは、HackGen35Nerd Console Regular 12ptを使うようにしました。

こちらで公開されているフォントです。プログラミング用のフォントとして作られたもののようです。
公式サイトで紹介されているように、Homebrew Caskでインストールしました。

brew tap homebrew/cask-fonts
brew cask install font-hackgen
brew cask install font-hackgen-nerd

macOSのFont Bookアプリで見ると、こんなフォントです。

実際にこのファンとを使ってターミナルを表示してみると、こんな感じ。ウィンドウの透過の設定もしています。

なかなかお気に入りのターミナルです。こういう、ちょっとした作業環境へのこだわりも仕事を気持ち良くする上では大切ですよね。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。