久々の東京

一昨日から久々の東京に来ていました。

去年の11月に北九州にUターンして以来、初めてなので、だいたい4か月ぶりの東京です。それまで20年以上いた場所で、1週間以上離れたことも何回あったか・・・というほどなので、まだ懐かしいという感じでもないのですが。

でも、コロナ禍の影響で、いろいろと変化のある東京でもありました。新宿と秋葉原で宿泊しましたが、どちらも閉店やところによっても空きビルもあるという状態で、コロナ以前とは変わってしまった。

といっても、緊急事態宣言も解除されたこともあってか、夜開いているお店には結構お客さんは入っているし、それだけの人は住んでいるので、人手はあるんですけどね。でも、一旦閉店したお店がコロナ禍の影響がなくなったからといって復活するかは分からないし、そもそも影響がなくなるのがいつになるのかも分からない。マスクを付けなくても良くなるのは1年以上かかるという話もあります。

東京ですら変わっていく。もちろん、九州も変わっているのですが、東京でそれを感じることの方が、より強くコロナの影響を考えることになるんですよね。

こういう時代だからこそ、ニューノーマルに対応するための変化が必要だ・・・。というのは簡単なのですが、言うは易し、行うは難し。それでも、対応していかないといけない、と思うところです。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。