MacBook Pro 14インチ CTOの再整備品を購入

このブログではMacBook Proのことを何度か書いています。この間の記事では、CTOの注文をキャンセルしたという話だったのですが、結局というか、ようやっとというか、MacBook Pro 14インチのCTOモデル(メモリ32GB、SSD 2TB)を購入しました。
ただ、今回は再整備品です。なので、JISキーボードモデルです。

Twitterでいくつか書いたので、それをまとめておくと・・・。

MacBook Pro 14インチのCTOモデルをポチったりキャンセルしたりしていたのだが、結局、5月6日に再整備品がドッと出たタイミングでメモリ32GB、SSD 2TBのモデルを購入した。今日、届いたのだが、やっぱり素晴らしい。

ParallelsでARM版のWindows 11を動かしているのだが、メモリ16GBでも動くのは間違いないが少しだけ厳しいかも・・・という感じだったのが、余裕余裕な感じになった。
あと、今回初めて移行アシスタントを使ってみたのだがとても良いじゃないか。Thunderbolt 4ケーブルを使って3時間くらいで終わった。

この間はUSキーボードモデルを発注していたのだが、今回は再整備品ということでJISキーボードになった。まぁ、いままで使っていた吊るしモデルもJISキーボードだったし、RealForceもJISキーボードにしているから、良しとしよう。

VUCAな時代においては入手性の高いモデル(=JISキーボード)での生産性を高めておく必要がるのだ!とか、言ってみる。

まぁ、いずれにせよ10コアM1 Proで32GBで2TBなのだから、数年は戦えるMacBook Pro 14インチであることは間違いない。

と、いうことで、今後しばらくメインマシンとして使っていこうと思います。

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。

Ad