北九州(福岡?)にUターンしようと思う

Uターンをしようと思っています。Uターンというと、私は福岡県北九州市の出身、奥さんは福岡県福岡市の出身ですから、まぁ、そのどちらかになるとは思うのです。だから、まだ小倉なのか博多なのか、はたまたそれ以外の福岡県なのかは分からないのですが、とにかく福岡県のどこかにUターンすることになるのです。

時期はいつか?これもまた定かなことは言えないのですが、早ければ今年の終わりくらい、遅くとも来年のどこかかな…とは思っています。

なぜUターンしようと思ったのか。それは、地域で仕事をしないといかんのだ!と言ったり。

そして、Uターンだと書いた紙の写真を入れてみたり。

まぁ、いろいろ匂わせてきたのですが、もう、いい加減オープンにしようかと。(口頭では既にオープンにしたりもしているのですがね…。)

何年か前に先にUターン(北九州じゃないけど)した知り合いからは、「Uターンはしたいと思った時がするべき時」というご託宣をいただいたりして、やはり、いまだろうと思ったのですが、なぜ、いま、そう思ったのかということを書いておこうと思います。

一つは、いろいろあってリモートワークが一般的になってきて、東京でのお仕事が持って帰れる可能性が高まったことがあります。そして、以前の記事に書いたように、どこの地域のための仕事をしたいだろうと考えたときに、それはやっぱり自分の地元だろうと。そういう仕事をそろそろ始めたくて、そのタイミングは私自身が40代になった今じゃないかと。

ビビンコという会社を一昨年に立ち上げて、北九州地域のお客様もあって、そろそろ根差さないといけない。北九州で、Uターンするという覚悟が欲しいと言われたこともある。やっぱり、それに応えたい。そんなこんなで、東京のお客様はもちろん大切で、これからもそのお仕事はぜひさせていただきたいのだけど、プラス地元のお仕事をきっちりやれる人になりたいと思った時に、私自身がどこに住むかということはとても大切なんじゃないかと思ったのです。

昨日も小倉で打ち合わせをしていたのですが、北九州はとっても面白いなぁと思うのです。私自身が、そしてビビンコがもっと尖っていかないとダメだろうなという感触があり、東京よりももっと本当の価値が問われるような気がしています。そうしないと、その面白いフィールドに立てないなと。それは、とってもやりがいがあると思う。

なんだかんだと、とりとめもなく書いたのですが、とにかくそういうことにしようと思います。今日は小倉の武蔵でふぐちりを食べたりしたので、十分に頭が回っていないかもしれません。とにかく、よろしくお願いします!

Ad

この記事を書いた人

井上 研一

株式会社ビビンコ代表取締役、ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。